ツアーの申し込み方法

東京発のスキーツアーは、早い場合だと11月下旬や12月上旬から始まり、バスを使ったツアーは有名スキー場のほとんどに行く事が出来ます。予約は、インターネットか旅行代理店経由で申し込む事が可能で、忙しい人は24時間受付可能なネット経由で予約するのが良いでしょう。ツアーの日数は、日帰り・1泊・2泊から選ぶ事が出来るので、友人達とたっぷり滑りたい場合は泊まりプランにしておくのがおすすめです。

バスツアーに参加する

バススキーツアーは深夜発と早朝発に分かれていて、深夜発の日帰りツアーの場合は0泊2日の商品として売られています。深夜発は、東京の池袋・新宿といった都心部を22時前後に出発し、北関東・甲信越地域のスキー場に日の出頃に到着するスケジュールを採用しています。深夜発を使えばスキー場オープンから15時台まで滞在出来るので、6時間程度滑れる事も夢ではありません。

新幹線ツアーの概要について

新幹線ツアーは、北関東・新潟・長野地域のスキー場に行ける商品があり、スキー場最寄り駅からはシャトルバスや路線バスで目的地に向かいます。移動時間はバスより短縮する事が可能で、駅から近いスキー場の場合は2時間程度で着けてしまうケースもあります、駅からバスに乗る場合の注意点は、利用出来る便数が限られているので、ツアー出発前にバス時刻を必ず調べておきましょう。

宿泊する施設について

泊まりで行く場合のスキーツアーは、基本的にスキー場近くのホテル・民宿を利用する事が出来ます。食事は、バイキングスタイル・定食スタイルに分かれているので、たっぷり食べたい場合は前者を選んでおくのが良いでしょう。

深夜発か早朝発のバスを使ったスキーツアーは、東京発・名古屋発・大阪発などの設定があります。深夜発のツアーは、スキー場オープンから滑れるメリットがあるので、日帰りであっても5時間以上滑る事が出来ます。